オーバーナイト金利

差金決済取引は、その日決済せずに翌日以降に実際に持ち越すとオーバーナイト金利がかかります。
オーバーナイト金利に関しては、金利、とだけ呼ぶようなケースもあります。
逆に、翌日に持ち越さなければ、実際、この金利はまったくかかりません。
留意が必須なのは、配当金調整額は買いポジションのケースにもらえ、売りポジションでは、実際、支払うのに対し、オーバーナイト金利に関しては買いポジションのケースに支払って、売りポジションではもらえるというような点です。
そして、すべてが売りポジションでオーバーナイト金利がもらえるという訳では、実際、ないのでちゃんと留意して下さい。
逆に売りポジションでも実際に金利を支払うケースもあります。
投資者が買い付けを行うケース、差金決済取引会社は投資者に対して売りつけの目的のための資金調達が必須になります。
その資金調達の目的のために実際に金利が発生するんです。
このオーバーナイト金利に関しては、買いポジションのケース、基準となる金利+差金決済取引会社の設定にするような独自の金利、となっています。
基準となる金利に関しては各国の政策金利であるケースもありますが、差金決済取引において多いのは、Libid(ロンドン銀行間ビッドレート)です。
売りポジションでは、実際に基準となる金利−差金決済取引会社の設定にする感じの独自の金利です。
金利に関しては日割り計算です。
この基準となる金利が差金決済取引会社の設定にする独自の金利より低いケースでは、売りポジションでオーバーナイト金利がもらえません。
つまり低金利の状況では、実際に売りポジションであっても金利はまったくもらえないんです。
支払われない、とする感じの会社もあれば、逆に支払いが生じると明記しているような会社もあります。
しっかり書面やWEB画面で詳細をチェックし、あまりわからなければ問い合わせてきちんと納得できるようにして下さい。
説明のわかりやすさや対応に関しても、差金決済取引をはじめるにあたっての比較に関してはとても大事です。
なお、このオーバーナイト金利に関しては、差金決済取引の種別によって先物などかからない感じのものもあります。
複雑なしくみですので、しっかりと商品内容を比較するようなことをちゃんと忘れないで下さい。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較