差金決済取引における配当金

株式投資では、実際に個別株を購入して権利確定日にこの株をきちんと保有していれば配当金をもらう感じのことができるでしょう。
この配当に関しては年1回の企業もあれば、年2回のケースもあります。
配当金に関してだけでなく、株主優待が付くような企業もあります。
この配当金や株主優待に関しては、実際、株を保有する楽しみの1つでもあります。
現物を取引しない差金決済取引では個別株の差金決済取引を保有していてもこの配当金を受けるというようなことはできません。
しかし、差金決済取引では配当金調整額(差金決済取引会社によっては配当金の名称を実際に使っている)を受け取る感じのことができるでしょう。
一般的な株取引でもらう配当金と差金決済取引での配当金調整額に関してはかなり大きな違いがあります。
一般的な株取引では株を買って保有するケースに配当がつきます。
一方、差金決済取引では、権利確定日に買いポジションを持っているケースは調整額を受け取る感じのことができる反面、売りポジションを持っていると、実際、調整額を支払わなければなりません。
差金決済取引では売買において配当金調整額に関しての受け渡しがある感じの点が、一般的な株取引とはかなり異なるんです。
ただし、一般的な株式である原資において実際に配当が実施されたケースに、この配当金調整額についての受け渡しが行われます。
オリックス証券では、個別株差金決済取引、ETF 差金決済取引、株価指数差金決済取引で配当金調整額についての受け渡しがあります。
なお、この配当金調整額に関しては、一般的な株式保有における配当金とまったく同じ額という訳ではないというようなことにも留意が必須です。
差金決済取引に関しては、独自のルールがあります。
このルールをきちんと把握しておく感じのことが差金決済取引では大事です。
差金決済取引に関しては株の差金決済取引だけでなく、ETF、指数、商品先物などさまざまな種別の差金決済取引があります。
会社の比較だけでなく、どの差金決済取引を行いたいのかという比較も必須です。
各差金決済取引のルールを身にちゃんと付けたうえで取引を行う感じのことがかなり大事なんです。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較