差金決済取引の取り扱い手数料とスプレッド

差金決済取引に関しては、さまざまな手数料がかかります。
この中で、一番気になるのは差金決済取引における取扱手数料でしょう。
手数料の安い感じのところを選びたいもんです。
差金決済取引会社を比較すると、この取扱手数料が無料であるような会社、あるいは、取り扱う銘柄によって無料の銘柄と取扱手数料が発生するケースのあるような会社など、さまざまです。
では、取扱手数料に関して無料の方がよいのでしょうか?
それは、実際、違います。
取扱手数料がないと、差金決済取引会社に関しては儲けがありません。
そのため、差金決済取引に関してはスプレッド(Spread)というようなしくみが用いられています。
差金決済取引では、Bid(売値)とAsk(買値)の提示レートで、実際、取引を行います。
このBidとAskに関しての価格差がスプレッドです。
例としては、Bidが98円・Askが100円という場合であるなら、この価格差については2円ということになります。
この売値と買値の差である感じの2円が、実際、スプレッドです。
このスプレッドが差金決済取引会社の利益であり、手数料となりものなんです。
つまり、このスプレッドの値が小さければ小さいほど、手数料が実際に少なくなるんです。
取扱手数料に関しては目に見える感じのコストであり、スプレッドは目に関しては見えない感じのコストです。
目に見えるような手数料だけを実際に比較するのではなく、このようなスプレッドに関してもしっかり比較してください。
各差金決済取引会社ではこのスプレッドについてもきちんと提示してあるので、確認が必須です。
そして、差金決済取引における手数料は、取扱手数料やスプレッドだけではないので、契約内容をしっかり読んできちんと理解しておく感じのことが重要となります。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較