差金決済取引において必須な知識 − 信用取引

差金決済取引では、買い注文から始める感じの取引だけでなく、株の信用取引のように、実際、売りから始める取引もできるでしょう。
ここでは、差金決済取引を行うにあたり必須な知識である信用取引に関して説明してください。
信用取引に関しては一定の資金や株式などに関しての委託保証金を担保にして、証券会社から株や資金を実際に借りて株式の売買を行うもんです。
そのため、まったく株式を持っていなくても株式を借りて売る感じのことができるでしょうし、手持ちの資金以上に関しての買い付けも行えます。
株式相場が下落するだろうと見込まれる時に関しては、この信用取引を実際に行えば収益を上げる感じのことが可能です。
初めに借りた株を売却し(=カラ売り)、その後決まった期日までに買い付けを実際に行えば下落相場であっても、株価が下がった感じの時点で買い付けを行うので実際に利益が出る、というしくみです。
つまり、株価が下がった分だけ、実際の利益になるんです。
これが、実際、現物取引である普通の株取引とはまったく違うところです。
この信用取引は差金決済取引と同様、売買の差損益だけに関して決済する感じの差金決済です。
勿論、信用取引も普通の株取引が基本となっている感じのため、一定の株取引の経験がないと、実際、信用取引はできません。
差金決済取引に関してもまた売りからスタートして実際に相場が下がった時点で売却するという感じの取引が可能です。
つまり、株取引やあるいは、信用取引などの取引仕方の知識が必須とされるんです。
しくみをしっかりと理解して、差金決済取引会社や扱う商品を比べて取引を実際に開始するよう、心がけて下さい。
手数料やレバレッジに関しての比較もかなり大事です。
きちんと慎重に行う比較が、差金決済取引にとても大きく影響してくるんです。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較