相対取引である差金決済取引

差金決済取引は、市場を通さない相対(あいたい)取引で、実際、行われます。
この相対取引についてはOTCともいいます。
OTC=Over The Counter に関しての略です。
東証などを通す一般の株の売買など、取引所を通じての実際の売買では、結局、どの証券会社を通して購入してもまったく同じ価格です。
一方、相対取引に関しては、売主と買主が、実際、直接取引を行います。
株の相対取引であれば、売主と買主の意思がきちんと合致した価格で売買が成立するのです。
差金決済取引では、投資家は差金決済取引会社(差金決済取引を取り扱う会社)と直接取引を行うしくみです。
こんな風に取引所を通さない差金決済取引では、差金決済取引会社の提示する価格で実際に取引が行われます。
この提示される価格に関しては、市場で取引される価格とだいたい連動しています。
しかし、連動しないケースもあるので留意が必須です。
差金決済取引会社によって値のつけ方は異なります。
そのため、差金決済取引価格は差金決済取引会社によって異なるんです。
このような相対取引に関しては、FXでも、実際、行われています。
ただし、くりっく365でのFX取引に関しては相対取引ではありません。
差金決済取引では、こんな風に提示された価格で実際に取引を行うので、どの差金決済取引会社と取引を行うかきちんと慎重に比べて決定することが必須です。
差金決済取引を始めるに関しては、信用できる会社を比べてちゃんと選ばなければいけません。
差金決済取引を始めるにあたっては、このような価格設定のしくみの他、内容を十二分理解したうえで行って下さい。
危険性を避ける感じのためにも、商品の内容をあまり理解できないまま差金決済取引は行わないようにして下さい。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較