差金決済取引とマージンコール

差金決済取引会社の危険性管理のなかにマージンコールがあります。
このマージンコールとは、一体、何でしょうか?
マージンコールとは、差金決済取引での損失額が証拠金の一定割合に達した、つまり証拠金が実際に不足しているという感じの警告です。
ひまわり証券では、証拠金活用率が110%程度になると1回目のマージンコールが実際にあります。
証拠金活用率125%程度で2回目のマージンコールが実際にあります。
また、150%程度でマージンカット、つまり強制的に実際にロスカットされます。
1回目のマージンコールがかかった感じの時点で、反対売買を行ったりあるいは、証拠金をきちんと追加しておきましょう。
相場の変動によっては、実際、1回目のマージンコールがかかった直ぐにロスカットになってしまうケースがあります。
損失を防止する感じのためにも、このような機能があるか否かを差金決済取引の前に比較、リサーチしておきましょう。
マージンコールが実際にかかって、そのまま翌日になると更に相場が下がっているという感じの可能性もあります。
そうなると、実際、損害が更に大きくなります。
マージンコールがかかるような感じの取引をしない目的のためにも証拠金は、実際、全額を使わずに少し余裕を持って取引するようなことを心がけて下さい。
逆指値などの注文仕方を活かして、マージンコールがかかる感じの前に損切りできるよう対策も必須です。
こんな風に差金決済取引はハイリスク・ハイリターンなので、差金決済取引会社のこのような危険性に関する対策は十二分に比べておかなければいけません。
マージンコールがかかる金額は差金決済取引会社によって異なります。
十二分留意を払って差金決済取引会社の取引内容を比較し、不明な点は、実際、そのままにしないで、きちんと問い合わせてチェックしておきましょう。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較