差金決済取引の注文仕方

差金決済取引に用いられる注文仕方の用語をきちんと知っておきましょう。
・成行(なりゆき)
買いたい時あるいは、売りたい時に注文を実際に出した時点の相場価格で取引を行うようなことです。
相場の動きによっては実際に成行で注文を出しても、約定しないケースもあります。
・指値
いくらになったら買うあるいは、売る、と実際に価格を決めて注文を出す仕方です。
価格を実際に決めてあるので、出勤前に前もって注文を出す感じのことも可能です。
・逆指値
普通は、高くなったら売るあるいは、安くなったら買うという取引を行いますが、相場によっては、実際、それができないような可能性があります。
そのような状態になったケース、この価格まで実際に下がったらこれ以上損をしない目的のために売却する、と決めて設定しておく感じのことができるでしょう。
そして、これ以上の値になったら実際に買うという感じの設定もできるでしょう。
それが、いわゆる、逆指値です。
差金決済取引では、証拠金が少し足りないなどの危険性を広げない目的のためにこの逆指値の利用が必須です。
・トレール
相場が上がり続けているケース、利益を大きくしたい感じのためになかなか売却に踏み切れないようなケースがあります。
このような時にも、実際、逆指値はかなり有用です。
利益を確保する感じのために行う逆指値を相場の動きにきちんと合わせて動かしていく仕方をトレール・ストップといいます。
差金決済取引会社を比較するような際、このような便利で使いやすい注文を行えるのか否かを確認しておきましょう。
ほかにも注文仕方は、実際、いくつかありますので、把握しておく感じのことが大事です。
各注文仕方の有無を比較する感じのことも、差金決済取引に際して損失を広げない目的のためにもかなり重要なんです。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較