金融商品の危険性

差金決済取引をはじめ金融商品に関してはさまざまな資金が損なわれる危険性があります。
投資を行う際に関しては、その危険性を理解しておくことが必須です。
・価格変動危険性
価格の下落による損失が実際に発生する危険性です。
株式や債券、あるいは、先物取引やオプション取引にも価格変動の危険性があります。
差金決済取引にもこの価格変動危険性は発生するのです。
・信用危険性
企業や金融機関などが信用力についての低下によって経営破綻したケースに預金などが実際に全額戻ってくる保証のない感じの危険性です。
ケースによっては、預けたような資産がまったく無価値になってしまいます。
信用力とは、債務に関しての返済能力のようなことです。
差金決済取引においても信用力のある差金決済取引会社との取引が重要です。
投資者から実際に預かった証拠金を一体どのように分別管理しているかもきちんと把握しておきましょう。
更に分別管理された資金が、実際、信託保全しているか否かをちゃんと調べておきましょう。
こんな風に、差金決済取引会社をしっかり比べて取引会社を決定することが必須です。
・為替危険性
為替レートに関しての変動による損失です。
外貨預金、外貨建ての債権、あるいは、外国為替証拠金取引(FX)等に為替の危険性があります。
差金決済取引においても外貨建ての差金決済取引があるので、この危険性があります。
・流動性危険性
必須な時に直ぐに預けている資金がまったく引き出せない、あるいは、売却できないような危険性のことです。
企業の経営状態の悪い感じの時に関しては、株式を売ろうと思っても、実際、売れないまま価値がかなり下がってしまいます。
現在、差金決済取引におけるクーリング・オフ制度は、実際、ありません。
しっかりと危険性を知ったうえでの契約が必須となります。
取引における危険性の説明に関しては必ず目を通し、比較・選択に関しての判断材料として下さい。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較