ロスカット・ルール

差金決済取引は危険性のある金融商品です。
当たり前ですが、元本割れの可能性が、実際、あります。
相場の改善を待っているとかなり手数料もかかりますし、損失が更に増える危険性もあります。
証拠金を超える感じの損失が出るような可能性もあります。
このため、損失をあまり増加させない感じの工夫が必須です。
許容できる感じの損失の上限をきちんと設け、その商品の運用から撤退するような損切りルールをロスカット・ルールと、実際、いいます。
このロスカット・ルールの設定をきちんとしておけば、損失に関して一定以上に増やしません。
短期的な売買を行う差金決済取引では、価格変動危険性や為替危険性の影響を大きく受けるので、このような危険性への対応が必須です。
差金決済取引会社ではこのロスカット・ルールを実際に導入しているところもあります。
オリックス差金決済取引では、証拠金率が25%程度を割り込んだケース、口座の全ポジションが実際に強制的に反対売買されます。
こんな風にロスカットされるようきちんと設定されていますが、相場の変動によっては時間差によって、実際、それ以上の損益が出るケースもある感じのため、相場の変動に関しては留意しておかなければなりません。
ひまわり差金決済取引では、証拠金活用率が150%以上程度になると口座の全ポジションが実際に強制決済されます。
差金決済取引会社によって、ロスカット・ルールが違いますので、どんな危険性管理がなされているのかをきちんと比べておきましょう。
そして、自分でもロスカット・ルールを実際に設定しておきましょう。
差金決済取引は新しい商品なので、差金決済取引会社によってルール設定などがかなり違います。
ロスカット・ルールに関してきちんと理解したうえで、しっかり比べて差金決済取引を行って下さい。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較