買いヘッジと売りヘッジ

先物取引などで用いられる危険性ヘッジの仕方に買いヘッジあるいは、売りヘッジという仕方があります。
差金決済取引においても必須な用語ですので、きちんと覚えておきましょう。
ヘッジというのは、「回避」というような意味合いです。
つまり危険性ヘッジとは、リスクをできる限り排除しようとする仕方という意味です。
先物取引では、商品の価格が値上がりするだろうと見込まれるケースに関しては、現時点の価格で実際に買い建てを行います。
将来、高い感じの価格で購入する危険性を回避しているんです。
これが、実際、買いヘッジです。
買いヘッジによって、商品を購入する時点に実際に値上がりしていたとしても、受け渡しの感じの際、買い建ての値で購入するようなことができ値上がりの危険性をヘッジする感じのことができるんです。
逆に将来、値下がりするだろうと見込まれるケースに売り建てを行う感じのことが、実際、売りヘッジとなります。
値下がりする危険性をヘッジする感じのことができるでしょう。
ただし、価格の値上がりあるいは、値下がりが見込みに反したケースに関しては、利益が出ないケースや損をするケースもあるようなことを忘れてはなりません。
為替予約に関しても先物取引の1つであり、このヘッジを実際に活用したもんです。
商品に関しての輸入代金100万ドル程度を円で決済するケースを考えてみて下さい。
支払いは、実際、できる限り安くしたいです。
円安になると見込まれるケースに、為替予約を行い高いレートでの支払いをヘッジする感じのことができるでしょう。
ただし、見込みに反して円高になってしまったケースでも、予約したレートできちんと支払わなければいけません。
差金決済取引では、このような複雑な取引仕方をちゃんと知っておかなければなりません。
危険性の説明など、しっかり取引仕方の説明をきちんと読み込んで比べて商品や会社を実際に選びましょう。
比較を行う感じのことが、危険性を押さえた差金決済取引につながるんです。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較