差金決済取引とは何か

現在、新しい金融商品差金決済取引が注目されています。
この差金決済取引とは、どんな商品なのでしょうか。
差金決済取引は、CFDとも呼ばれ、Contract For Difference の頭文字を取った名称です。
差金決済取引は、1つの口座で実際に金融商品に連動した複数の取引が行える感じのいわゆるデリバティブ(金融派生商品)です。
このため、複数の口座を実際に管理する必須がありません。
日本に関しての株式だけでなく、世界の株式、ETF、あるいは、株価指数先物など、さまざまな金融商品に連動する差金決済取引を行う感じのことができるでしょう。
また、日本市場だけでなく、きちんと海外市場の商品の売買ができる感じのため、24時間さまざまな取引ができるでしょう。
日本が実際に夜であっても、NY証券取引所など外国の市場での取引もきちんとできるし、CME(GLOBEX)のように、実際、24時間開いている市場も活用できるでしょう。
差金決済取引を取り扱っている会社の1つ、ひまわり証券では差金決済取引での取り扱い銘柄に関しての数は5,000を実際に超えています。
FX(外国為替証拠金取引)のように、差金決済取引においても、実際、証拠金取引が行えます。
ひまわり証券のケースはレバレッジ最大20倍程度、つまり5万円程度あれば100万円程度の取引ができるしくみです。
つまり、少ない金額で大きな取引に関しても可能なんです。
こんな風にさまざまな商品を扱う取引のため、取引に不安な消費者のためのデモツールを準備している差金決済取引会社もあります。
ひまわり証券あるいは、オリックス証券では、実際にこのデモツールを無料で活用できるでしょう。
手数料など証券会社によって少し違いがありますので、差金決済取引を始めるにあたっては、どの会社を活用するのかをしっかり比較することが必須です。
そして、しくみが複雑なので、他の金融商品ともきちんと比較したうえで差金決済取引を考えましょう。
posted by cfdman | 差金決済取引 比較